さくらにエール! 頑張れさくら!

さくらは、昨年後半からクシャミをするようになった。「クシャン」とやってクシュクシュと鼻をこする。
回数や間隔は疎らで多くはなかった。鼻にホコリが入っちゃったよって感じだった。 今年5月頃になって、急に連続クシャミが頻繁に発生するようになった。イヤな予感・・・獣医さんに連れていったが、初診で異常は見つからず「鼻炎の可能性」と診断され、ネブライジングという、薬を霧状にして吸入する治療を時々受けていた。 しかし6月に入ると、呼吸を苦しげに口でするようになった。「これは鼻炎じゃないな」と直感し、再び獣医さんを尋ねると、一ヶ月の早さで前歯の状態が変調しており「オドントマ」の診断を受けた。ショックだった。悲しくて獣医の駐車場で泣いた。
6年前、辛い辛い闘病の末、ニャ~ちゃんを失った。同じ病名だ。プレ飼いさんなら、誰でも知っているはず。この病気はとても辛く、また治る事はない。人間は、プレが少しでも残された生命を安楽に楽しく過ごせるよう、あの手この手で頑張るしかない。
手術もあるが、とても挑戦的な内容で、勝率は低い。手術はさくらの選ぶ道ではないと決めた。そして、さくらが少しでも安楽な時間を過ごせるように、自宅をホスピスにしようと決心した。
可哀想だが、さくらを一人住まいにさせ、ネブライジングや酸素供給をし易い環境を作った。部屋が手狭になった分、家具は捨てた。
さくらが我家の優先順位一番になった。 人間が落ち込んでため息をついたり、怖い顔をしたり、大きな声を出したり、それだけでプレは空気を読む。できるだけ、明るく過ごそう。前向きに明るく、サクラと頑張ってみよう。
何年生きられるか・・・あと2年がんばろう、いや3年は生きよう! 少しでも楽な時間を一分でも一秒でも長く一緒にいよう、サクラ!
↓ネブライジングの機器を買い在宅治療開始!お薬を吸い、少し楽になったのか、スヤスヤと眠るサクラ。楽しい夢を見てね。wpid-P1230803-2014-07-7-11-54.jpg

This entry was posted in プレーリードッグ, プレーリードック, プレリードック. Bookmark the permalink.

2 Responses to さくらにエール! 頑張れさくら!

  1. says:

    応援してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください